技術のある歯科医師

技術のある歯科医師を選びましょう。歯科医師には様々な技術が必要となります。それぞれの治療には技術の差が出ます。

 白い樹脂を詰めるレジン充填技術は、上手にいくと表面がつるつるになり目立たたず、外れません。うまくいかないと、樹脂がガサガサになり段がついて目立ってしまい、すぐに外れてしまいます。

 被せ物をはめる補綴は、上手にいくと段差がつかず、長期間はずれずに長持ちします。段差ができてしまうと、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。歯を削った部分に角度がつきすぎて、はがれやすくなってしまい、長持ちしません。

 歯を抜くことは、患者にとってとても嫌なことです。痛みが少なく短時間で終わってほしいものです。上手な歯科医師は、抜くべき歯を上手に、痛みも少なく早く抜いてくれます。上手でない歯科医師は、歯を抜くべきなのに抜いてくれません。そして、いざ抜くときにはなかなか抜けず、患者は苦痛を強いられます。

 歯を抜くとその隙間が他の歯に影響を与えますので、補強しなくてはなりません。この場合、最もいいのはインプラントによる対処です。骨造成の技術も上がっており、骨の少ない箇所でも、手術できます。

 難しい施術としては矯正があります。歯科医師でもなかなか矯正のことをわかっている人は多くはないようです。矯正は長期間かかると言われますが、最先端の方法を取れば短期間で済みます。