「噛む」作用

口の働きの中に、消化の働きを担う「唾液を出す」というものがあります。この「唾液」というものは、私たちの歯や歯茎はもちろんですが、全身の機能や健康といったものにも強く関わっているのをご存知でしょうか。「唾液を出す」働きというのは日常の中では意識することは少なく、忘れられがちと言えるでしょう。しかし、実際には口の機能の中で最も重要であると言っても過言ではないでしょう。唾液を出すためには食物を摂取する必要があり、食物を摂取するためには「噛む」という動作が必要となってくるでしょう。この「噛む」という動作は、しっかり行うことにより、血行を良くし、大脳を刺激するという作用があるようです。これは、勉強をする際や、頭の回転を良くしたい、認知症予防、集中力を高めるといった場合に効果が見られるのではないでしょうか。また、よく「噛む」ことで血行が促進されると眠気が覚めるという効果もあり、ガムを噛んで眠気を覚ましたという経験も多いのではないでしょうか。さらには全身の発育を促進することにより、子供の能力を向上させるといった効果も期待できるでしょう。よく噛むことで、唾液が分泌されると、腸からの栄養吸収を良くすると言った効果も期待できるようです。口から摂取した食物は、食道から胃、十二指腸、小腸へと送られます。そうして消化吸収が行われ、栄養素として体に摂り込まれていきます。よく唆むことで、消化が促進されると、吸収も良く、栄養が効率的に摂り込まれまれるようです。噛むという動作には、このような利点が多く、定期的に歯科医院を受信し、健康な歯を保つことが重要と言えるでしょう。歯医者さんに効果的な歯のセルフケアを教えてもらうのも今後の生活を助けるアイディアと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*