歯医者のインプラント治療

歯医者というものは、歯の専門家として「歯を生涯守っていく技術」というものを追究し続けていかなければならない職業であると言えるでしょう。そのため、多くの歯医者は「歯を抜かない治療」を最優先に治療しているように思います。しかし、現実は、多くの歯医者がその技術まで到達できていないと言えるでしょう。これは「生涯自身の歯を守れます」と宣言してしまった後、どうにもできない原因で歯を抜かなければならないことになった場合、患者さん側に嘘をついたことになってしまいかねないからでしょう。こういったイレギュラーでのトラブルが起きてしまわないよう、歯医者は絶対に「生涯自身の歯を守れます」と言い切ってはいけないと教育されていると言われています。日本の歯科医療は、残念なことに抜歯基準が年々下がってきていると言います。この事実の裏には「インプラント」があり、インプラント治療が多く普及した結果、簡単に抜歯という選択をしてしまうようになってしまったように考えられているようです。先に挙げた歯医者の目標からしてみると、この事実は非常に情けないことなのではないでしょうか。近年、インプラント訴訟というものも急増しており、その問題が注目されてきているようです。インプラントは高額な医療と言えるでしょう。悲しい現実ですが、経営のためにインプラントに走ってしまう歯医者も少なくないようです。安易なインプラント治療の提案に流されてしまわないよう、しっかりと信頼できる歯医者を選ぶことも大切なのではないでしょうか。抜歯の判断基準は歯医者によって異なるため、インプラント治療を勧められた際は、しっかり話し合ってから判断するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*