虫歯とは

虫歯は、口の中にいる細菌が糖分を餌にして作った酸により、歯が溶かされた状態のことをいいます。虫が菌はほとんどの人の口の中にいる細菌で、進行して歯の内部の神経に届くと痛んだり、全身に菌が回ってしまうことがあります。

 なぜ虫歯ができるのでしょう。虫歯菌は糖分を栄養にして増殖し、ネバネバの物質を放出します。このネバネバが歯に付着して歯垢となります。歯垢は酸性となり歯のエナメル質を溶かします。

その後、穴をあけ虫歯がつくられてしまいます。そのまま放置すると象牙質を壊し、そのなかの神経や血管部分にまで侵入し、歯が痛み、腫れたりします。

 虫歯のできやすいところは、歯の溝や歯肉に近いところ、歯と歯の間など、歯垢のつきやすいところ、取りにくいところです。また、虫歯の治療をした歯の詰め物と歯の境目や歯肉が減って歯の根が出てきたところなども、虫歯になりやすいようです。

 虫歯になりやすい人はどんな人でしょうか。人によって口内の細菌の種類は違ってきますが、ほとんどの人が虫歯菌を持っています。この虫歯菌が増える人には、歯磨きと食生活が影響してきます。歯磨きが下手で歯垢をうまく取れなかったり、歯垢の栄養分である糖分を、頻繁に摂取する人はなりやすいです。歯垢が付着したままだと、細菌は増え、酸によって歯が溶けてきます。また、全身的な病気により、唾液の量が少なくなると、細菌や酸を流したり薄めたりしにくくなり虫歯ができやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*