介護中のオーラルケア

要介護の状態になると、口腔内のケアが重要です。特に老人の場合は、口腔内も老化しているために抵抗力が低くなっています。口内で雑菌が繁殖しないよう、毎日のケアを欠かさず行いましょう。洗面所まで移動ができない、自分の力でうがいができない要介護の場合でも、介助者が一人で行える口腔ケア用品が多く販売されています。また、市区町村では在宅歯科診療を行っていることも多いので、難しいと感じた場合には無理せずサービスを利用しましょう。

まず、自分で歯磨きを行える場合には、できる限り磨いてもらいます。その上で、磨き残しのブラッシングを行うことや、デンタルフロスなどを使用してのサポートが必要です。起き上がれない人をブラッシングする場合は、少し体を起こしてもらうか、顔を横に向けて行います。このとき、できるだけ座位を心掛けます。初めに口をすすぎ、食べかすなどの汚れを取り除きましょう。自分でうがいができない場合には、スポンジブラシやガーゼなどを水に濡らして使用します。歯ブラシでのブラッシングは、軽い力で小刻みな動きで行います。ブラシはできるだけ柔らかな毛先のものを使い、奥から手前に向けて行いましょう。歯磨き粉を使うと磨いた場所が分からなくなってしまうため、使わない方がやりやすい場合もあります。最後は本人のうがい、もしくは濡らしたスポンジなどを使って洗い流します。歯だけではなく、舌や粘膜もしっかりとケアを行います。粘膜を磨くことに特化したブラシを活用すると効率的です。この時、おう吐の反射が出ることもありますので、タオルなどを前もって準備しておく必要があります。また、要介護者は、食べ物が器官に入ってしまう誤嚥性肺炎のリスクが高いため、気を付けてケアを行わなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*