入れ歯の手入れと安定剤

入れ歯は口内に装着して使用します。そのため食べ物のかすなどの汚れが溜まりやすく、手入れを怠るとすぐに不衛生な環境になってしまいます。入れ歯は、外して手入れをすることが原則です。装着したまま入れ歯を磨いてしまうと、自分の歯茎や歯、粘膜との接着面の掃除ができずに、汚れが残ってしまいます。また、入れ歯を磨く時に市販の歯磨き粉を使ってしまうと、入れ歯を傷つけてしまいます。入れ歯を外した上で、入れ歯専用の洗浄剤を使って手入れを行いましょう。入れ歯の手入れを行うときには、普通の歯ブラシを使っても構いませんが、専用のブラシを使うと汚れの落ちが良くなるそうです。

入れ歯は口に合わせたサイズで作られていますが、長期間使っていると少しずつズレが生じてしまいます。入れ歯に物が挟まってしまうと痛みを感じる上に、汚れやすくなります。合わせて入れ歯安定剤などを使うことで、使用時の違和感を防ぐことができます。入れ歯の安定剤は、入れ歯の材質によっては使えない種類がある場合もあります。安定剤を使用する前に、必ず歯科に相談しましょう。

入れ歯の安定剤は、入れ歯の隙間が小さい順に粉末タイプ、クリームタイプ、シートタイプ、クッションタイプがあります。粉末タイプは薄くついて違和感が少ない分、馴染みにくいそうです。一方クッションタイプは、隙間が空きやすいですが適度なクッション性があるため、入れ歯が歯茎に当たった場合の痛みが和らぐと言われています。どの安定剤にも長所と短所があります。しっかりと見極めて選びましょう。ただし、入れ歯の安定剤はずれが少ない場合の、応急処置として使いましょう。あくまで歯科で調整してもらうことを優先すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*