口臭の対策

口臭を抑える・なくす場合、その原因によって対策が変わってきます。口臭がどうして発生したのか、自覚を持つことが大切です。

ニンニクやネギなどの食べ物が原因の場合は、外因的口臭と呼ばれています。臭い成分が含まれている食べ物は、胃で消化をした後に血液から肺を経由し、口臭となって口から吐き出されます。アルコールの場合は、分解をされる時に臭いを発生させるそうです。多くの場合は時間が経てば自然と消えますが、洗口液で口内を洗浄するなどの対応で抑えることができます。

舌苔が原因の場合は、舌のケアが必要です。健康な人の舌はピンク色をしていますが、中には舌の中央に白い苔のような汚れが付着することがあります。これは歯垢と同じく細菌のかたまりで、口臭の原因です。薬の影響や、何かしらの病気によって付着することが多いそうです。気になる場合は、舌用のタンクリーナーで清掃するなどをして舌苔を取り除きましょう。舌苔と同じく歯垢が原因の場合は、歯磨きで取り除く必要があります。

歯周病や虫歯が原因の場合は、まずは治療を優先させましょう。他にも、例えば糖尿病の場合などにも独特な口臭が発生するようになり、これも元の病気を治療しなくては改善されません。病院での指示に従い、自分で行えるケアをきちんと行いましょう。

唾液の減少が原因の場合は、口内に水分を与えることを意識しましょう。口内が乾燥していると、粘膜の剥離した部分が溜まることもあり、細菌が増殖しやすい環境になってしまいます。唾液などの水分は、口内での自浄作用を持っています。こまめに水分を取るなどの水分補給はもちろん、唾液の減ってしまうストレスなどの原因を取り除くことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*