発音するための歯の動き

口の働きの中には、食べることの他に、話したり、叫んだりという「発音」や「発声」という機能もあるでしょう。単純に大声を出したいといった時には、口の空間全部をメガホンのような役割として利用し、声を拡声することもできるでしょう。しかし、普段、大声でなく普通の音量で会話をするときなどには、歯、唇、舌といった部分の働きが大きくかかわっているようです。「発音」の種類にもよりますが、母音での発音のときには、それぞれの母音によって、口の開け方自体が違うそうです。また子音では、舌、歯、唇の全ての共同作業により、絶妙に発音を使いわけて行われています。つまり舌、歯、唇のどこか一部にに異常があった場合、いつも通りの明確な発音ができなくなる可能性があると言えるでしょう。とくに歯は、明確に発音するためには、最も大切な役割を担っているといっても良いでしょう。歯が1本でも欠けた場合、その隙間から息が漏れたりしてしまい、明確な発音は奪われてしまうでしょう。高齢者の方などに滑舌が悪い方がいらっしゃるのはこの場合も多いのではないでしょうか。こういった発音の異常というのは仕事にも支障をきたす場合もあり、大切な場面で適切な指示が明確に伝わらず、仕事が滞ってしまうということも考えられるでしょう。このように社会的な活動まで危ぶまれてしまう前に、歯医者さんに相談したり、定期的に歯科医院に通うなどして、しっかりとセルフケアを行って行くことが大切なのではないでしょうか。歯を失う=命や生活にかかわる事故を招くということも充分に考えられます。それだけ「歯」の大切さというものを考え、労っていけると良いのではないでしょうか。「話す」という行為は、自分の意思を伝えるという、生きていくためには必要不可欠な機能と言えるでしょう。さらには「叫ぶ」ことや「歌う」ことが、ストレス解消になったり、感覚的な神経細胞が活性化されたりといった作用が挙げられるでしょう。日常の中で「声を出す」ということは、私たち人間には身体的にも精神的にも、大きく良い影響を与えていると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*