歯医者も患者さんも「儲かる」治療を

「生涯自分の歯で食事をしたい」という願いは、ある程度年齢を重ねた人にとって多く掲げられるものではないでしょうか。この願いを叶えるためには、セルフケアと、歯医者で行ってもらうプロフェッショナルケアの両方をうまく結びつけていく事が重要であると言えるでしょう。この2つの働きかけはどちらともバランスが取れていないと充分に実感が得られないものであり、二人三脚のように取り組んでいく事が望ましいと言えるでしょう。そもそも、歯医者に通院しているにも関わらず、最終的に自身の歯をなくしてしまう人が多いという事実に違和感を感じている方も多いのではないでしょうか?これに対して不満のある方も多いと思われます。本来、歯医者の治療で一番に気をつけていかなければならないのは、満足度という点ではないでしょうか。これは、どんな医療でもサービスでも本質の部分に当たるでしょう。通常、治療をして「儲かる」のは歯医者と考えるのが普通でしょう。しかし、ここがポイントとなります。満足度が高い場合、患者さんは「歯がなくならずに済んだ。儲かった。」そう思ってくれるのではないでしょうか。歯のケアで人生観が変わるというのは、実際に実感してみるととても「儲かった」気分になるものでしょう。上記の「二人三脚」がうまくいくと、まさにこのような医療が実現できるのではないでしょうか。歯医者に頼りきらず、しっかりと自身で歯をケアしていく事で、歯医者も自身も大きな満足度の上で、歯と健康を維持していけるというものではないでしょうか。気持ちの良い関係が続く分、自身の歯の健康にも繋がっていくということは、楽しく、お互いにやりがいのある充実した毎日へと繋がっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*