自覚症状のないところから始まる

歯周病は、別名「サイレント・ディジーズ」と呼ばれるほど初期症状はほとんどない病気と言えるでしょう。日頃のケアを怠っていると、知らない間に病気が進行し、異変を感じた時にはすでに中期以降の症状が現れているといった場合が多く報告されているようです。始まりは、歯と歯茎の隙間に入った細菌によって、歯茎に炎症が起こるところから始まるのが一般的です。これがどんどん進行していってしまうと、細菌と膿が、歯を支えている骨を溶かしてしまい、さらに悪化してしまうと、最悪の場合、歯を失ってしまうということになりかねません。このように怖すぎる歯周病を予防していくためにも、歯周病のメカニズムを見ていきましょう。先ほども挙げた通り、始まりは、隙間に入り込んだ細菌の繁殖によって起こります。歯垢や、歯垢の中の細菌がカルシウムと結合して硬くなってしまったものなどが取り除かれずに蓄積されてしまうと、その場所を住み処とし、歯と歯茎の間や、歯と歯の間、また、歯のくぼみなどに細菌が繁殖していき、感染すると考えられています。この細菌は、歯周病菌と呼ばれるもののほかにも、様々な種類があると考えられています。主に、歯周病の原因はプラークであるといわれているようですが、他にも悪化の要因はあるため、一概には言えないのが本当のところでしょう。ひとくちに「歯周病」と言っても、実は実態は「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられるようです。一般的には、歯肉炎から歯周炎というように病状が進行していくとされています。まず第一に、歯肉炎にならないよう、日々のセルフケアと、歯医者への定期的な歯科検診を習慣づけていけるのが望ましいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*