歯周病の予防法

歯周病の予防法は、自ら行うセルフケアと歯科医師や歯科衛生士が施術するプロフェッショナルケアがあります。

 セルフケアでできることは、プラークコントロールと呼ばれる毎日の正確で丁寧な歯磨きです。大きすぎず使いやすい適切な歯ブラシを選び、エンピツを持つように持ち、歯を一本づつ磨いていきます。この時の歯ブラシの角度は90度、歯に直角に当てて磨きます。歯が終わったら、45度にして歯と歯肉の間に当て小刻みに磨きます。歯の外、内、上と丁寧に磨きましょう。歯と歯の間や、奥歯、被せ物などしてある歯など歯ブラシでは磨きにくい部分は、歯間ブラシや部分磨き歯ブラシ、糸ようじなどで磨きましょう。

 また、生活習慣の改善で歯周病のリスクを取り除きましょう。そのためには、まず禁煙をしましょう。そして、食べ物はよく噛むこと。唾液と食べ物をよく混ぜ合わせながら食事を楽しんでください。栄養バランスを考え、ビタミンA、C、D、食物繊維を十分摂りましょう。ストレス解消も必要なことです。

 プロフェッショナルケアでは、医療面接や検査を行い、診断を経て歯周病治療が始まります。大きく、歯周基本治療、歯周外科治療、口腔機能回復治療、メインテナンスに分かれます。

 医療面接では、患部の状態や生活背景を聴取します。歯周組織検査を行い、歯垢や出血、歯周ポケットの深さなどを調べます。そして、適切な歯周治療、歯磨き指導などをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*