歯科助手の仕事

 歯科助手とは、歯科医師の横で施術の介助をしたり、予約・受付業務、カルテやレセプトなど事務業務などをする人です。歯科助手は、あくまでも歯科医師の介助であり、医療行為はできません。

 一般的には、歯科医師は苦手だという患者が多いですが、そんな人に優しく接し丁寧な対応をして、患者を安心させることも歯科助手の大切な役割です。クリニックの顔といってもいいでしょう。人と接することが好きな人に向いている仕事でしょう。

 歯科助手の仕事は大きく4つの業務に分けられます。ひとつは受付業務です。予約などの電話対応やWEBの確認、来院患者の受付対応などです。ふたつめは事務関連業務です。会計管理、カルテファイル作成、レセプト集計などを行います。個人情報の取り扱いになりますので、注意も必要です。

 3つめは診療室管理です。施術に必要な機器の準備や施術後の機器の保守や洗浄、滅菌、薬品の整理や発注などがあります。

 4つめは診療介助です。治療に合わせた作業で、施術に必要な機器の準備、唾などのバキューム吸引、歯に詰めるセメントの練り合わせなどです。患者により施術が違いますので、間違えずに機器を用意することが必要です。

 クリニック経営においては、歯科助手の患者への接し方などで、来院促進が左右されます。予約ミスなく、しっかりとした受付対応が必要です。ベテランの歯科助手は、クリニックのすべての状況を把握し、管制塔のような役割を担っています。